流浪

The truth of a day is not an eternal

NIkon1 J5での動画撮影用にamazonで激安カメラ ハンドグリップを買ってみたw

 こんばんは。ここにきていきなり寒くなったねw。「廃モノ」散策も再開したことだし、今までの画像とあわせて動画もやってみようとちょっとしたモノをamazonで購入してみた。


手振れ 軽減・ハンドグリップ MHG Type (シルバー)


 「ハンドグリップ」とえらそうな名称付いてるが、いわゆる三脚座に差し込む「棒」だな。よくスマホなんかで使ってるのみるよな。GO PRoとかも似たのあるよね。 本当はスタビライザー的なものが良いのかなって探したんだが小型のものは無い。あっても高いw。で、今もってるビデオ、デジ一眼レフなんか対応の大型のスタビをつけてみたのだがカウンターウエイトが重過ぎてかえって変なブレを起こしちゃう・・・・。

 んだったら、とりあえず・・・・・・




スポンサードリンク



「棒」でイイんじゃねーの?




つーことで・・・・・・安いのポチリww


P1040544.jpg
到着。思ったよりはしっかりしてるかな。「棒」部分は一応金属製。色はボディに合わせてシルバーにした。使用方法は黒いストラップみたいなやつを手首に通して、棒を握るってスタイルだ。


P1040546.jpg
 こんな風に三脚ネジにはめ込み固定。ボルトは国内対応らしくすんなりフィット。


P1040548.jpg
 はい、装着完了。サイズ的にも J5やミラーレスにはぴったりの長さじゃないかな。ちなみに、手首に通すストラップは取り付け軸が金属製の意外としっかりしたつくりなんだな。


P1040549.jpg
 撮影スタイルはこんな感じ。我は手が大きいほうじゃないのでこれ位がしっくり。ちなみに、ネックストラップつければ自然と手首と首で三点支持にもなるし、落下防止もかなり防げると思う。


では、撮影してみよう。



 レンズは10-30mm VR 。ワイ端10mmで撮影。このレンズは、手ブレ補正機能つきのなので、そんなにブレないとは思うが、ボディのグリップをもって手持ち撮影するよりは断然いい。動画ではある程度の範囲で上下左右と動かしてみたが画面ぶれも気にするほどではなかった。(それにしても映像きれいだわねw。)

 ついでに夜間の動画も撮ってみた。


 こちらはテレ端(30mm)で撮影。iso6400付近なのでノイズっぽくなってるが、追従してるし、ブレも許容範囲かな。

 つーことで、当たり前なんだが、ボディをしっかり固定できれば手ブレ補正が強力で意外とブレないとの結果となった。ま、アクションカメラ的に激しい動きはもちろん別だけどね。通常の観光動画とか、ちょろっと風景撮りたい場合は「棒」で十分だろうね。 ブランドにこだわらなければデザインもいいし、安いし、なかりお勧めですわ ( ^ω^ )。






関連記事

スポンサードリンク


 カメラ