FC2ブログ

流浪

The truth of a day is not an eternal

Nikon 1J5 + 1 Nikkor 18.5mm F1.8で動画。手ブレ補正なしの単焦点レンズで「動画電子手ブレ補正」は"使える"のか?

 こんばんは。Eです。 ここのところ動画づいてるが、今回もNikon1 J5動画関連だ。今回は「動画電子手ブレ補正」を試してみた。

P1040562.jpg


 前回の記事では「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM」でハンドグリップ付けての手ブレ具合を確認した。



 ただ、そもそも「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM」は手ブレ補正内臓レンズなのである程度はブレないのは当たり前なのだ。そして、ダブルレンズキットにはもう一本明るい単焦点50mm相当レンズ「1 Nikkor 18.5mm F1.8」がついてくる。



 せっかくのダブルレンズなのだから、明るい単焦点でも、動画を撮ってみたいのが心情だよね(静止画でかなりいい味出してるレンズだしw)。でも、こちらは、手ブレ補正がついてないのだ。これは動画ではちょっとした弱点。ヨイヨイのブレブレで気持ち悪くなるような動画はやはり勘弁願いたいものね。ただ、せっかくのコンパクトなJ5にガッチガチの三脚なんて本末転倒。
 で、いろいろ、ウェブだ、YouTubeだ、調べたら「ボディ内手振れ補正っぽいのがあるらしい、かなり効くらしい」とのことで今回テストしてみることにしたわけだww (ナゲーよってww)

スポンサードリンク





 まずは、「動画電子手ブレ補正」ってなんぞや? ってことだ。とーも、こんなことらしいよw。


【電子式手ぶれ補正とは】

""複数枚の画像を参照し、フレームや被写体の動きを分析して画像補正を行なって手ぶれを補正するというものである。あくまでも画像補正のみで手ぶれ補正を行うので、光学式手ぶれ補正のようにハードウェアを必要としないことが利点である。弱点としては電子式手ぶれ補正方式は動画撮影にのみ有効で、静止画には効果はないことが挙げられる。 ""

                    All About デジタル 「手ぶれ補正機構とは?」2005年07月28日より



 なんか、昔からある技術らしいが、いまいちピンとこないので撮って違いを確認してみた。

 つーことで、撮影。被写体はいつものプランター(代わり映えしなくて申し訳ないww)。撮影設定はAモード(絞り優先)で、開放のF1.8設定、HD 720 30p 。今回はボディのグリップを握って撮影。



動画電子手ブレ補正OFF




動画電子手ブレ補正ON


 それにしても、さすが「1 Nikkor 18.5mm F1.8」。私はボケる事を知っただけっけ? 、違ったか???。 開放の映像も綺麗。意外と静止画よりも動画向きじゃないかなこのレンズ。ちよっとしたデート動画とか、彼女とか撮るには向いてるかもしれないね。
 で、肝心の「動画電子手ブレ補正」は・・・・。やっぱりレンズ手プレには適わないな。それでも、画像的には変な影響は少ないし、心配ならONにしておいたほうが良いだろうね。

 結果として、一応ボディ内手ブレ補正とはいえるのだろうが、おまけ程度と思っていた方がいいかもしれないねw。




関連記事

スポンサードリンク


 レンズ