FC2ブログ

流浪

The truth of a day is not an eternal

「1 Nikkor 18.5mm F1.8」に、amazonで購入した「0.45倍 格安ワイコン」 を装着して、静止画・動画撮影してみたw

 こんにちは、Eです。2017年もあと半月となってしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか。本日、こちら伊豆でも朝方はクルマの屋根がうっすら白くなってたよw。今年はホンマに寒いわww。

 つーことで、「amazonの格安ワイコン」の続きだ。

P1040574.jpg


 前回記事では、製品紹介などなどで終わってしまったので今回は実際に撮影した感想などを書いてみようと思う。(ちなみに前回の記事は↓)





スポンサードリンク





 今回も、被写体は面白みがないが、画角的に単純比較として見てもらうとありがたい。(クリックするとflickrで拡大画像。)

wicon20171214_01
 まずは、ワイコンなし。前、後ボケともわかりやすい様に撮ってみた。うん、やはり単焦点きれい。アップで見ても端も流れてない。ま、そこらへんは当たり前かw。


wicon20171214_02
 で、ワイコンあり。0.45倍とまではいかないけど、かなりワイドになる。この画像は開放(f1.8)で撮影してるんだが、ケラれも全くない。周辺減光もない。ただ、端は微妙に流れるね。ボケの出方が面白いね。そして、ワイドになるので、ピンの来てるところはさらにカッチリ。


wicon20171214_03
 静止画最後は、湾曲具合。これはそれほど気にするほどでもなかった。手前の瓦屋根は1メートルはど、奥のグリーン屋根は20メートルほど先。気持ち「樽型」だがよほど接写しない限りは気にならない。それよりマクロレンズ内臓の影響なのか、開放では素の18.5mm f1.8よりボケもかなり柔らかい印象を受ける。ただ、ここら辺は絞っていくと単なる「滲み」的なものとなってしまうかもしれないが、表現方法の一つとしては面白いかもしれない。


 次に動画だ。またいつもの店裏のプランターを撮影した。


ワイコンなし


ワイコンあり


 画角の違いだけを確認する短い動画となったが、かなりワイドになる。だだ、近接の動画になるとやはり湾曲が気になる。ま、我としては許容範囲だな。


 っーことで、さらっと格安ワイコンでの静止画、動画を撮ってみた。一般的に0.45倍となると焦点距離としては魚眼の部類になったりするのだが、CXフォーマット(1型センサー)の50mm相当の焦点距離が相まってなのか、程よいワイド感となった。そして、一番はケラれないのがいい。やっぱり撮影していて一番萎えるのはあの「影」だから。
 結果として、格安でも思っていたよりは使えるものだった。ま、当然細かい部分は高級レンズには到底適わない。ただ、お金がないからとあきらめずに無いならないなりの工夫で何とかなったりする場合もあるので、こういうのはやめられないのだな。(かなり失敗もあるけども・・・・)

 最後に、この組み合わせで「某廃墟」を撮影にいったので、そのときの動画をちょろっと紹介。



 ムービーメーカーで切り出したので劣化してるけど、それでも、かなり綺麗に撮れる^^。つーかやっぱ写真や動画は、被写体が命だわねw。 

 では、また次回~。






関連記事

スポンサードリンク


 レンズ