流浪

The truth of a day is not an eternal

ちょっと遅いGW。初夏の信州一人旅してきた。 「青空と鯉のぼりと・・・」

「初夏の信州」。前回記事のつづき。2日目。
平日だってこともあり。R20は朝方は激混。とはいえ、時間が限られてるので、9時をまって動き始めた。

宿は松本市内にとってあったので、二日目も、チェックインまでゆっくり、まったりの予定。「小坂田公園」を出発し、塩尻・松本市街をさけて大回り。R20からR19。そして、松塩広域農道(しょうえんこういきのうどう)、アルプスグリーン道路へ。



 だいぶ青空。とはいえ・・・まだ小雨だ。雲が多いながらも、田植え前の水田に移る空が綺麗な水鏡。
こので初めてシャッターを押す。nikon1 J5 + 10-30mm PD ZOOM。
キットズームなのにキレがある。使い込んでいくとなかなか手になじむレンズ。






スポンサードリンク

 アップダウンの田園風景を楽しみながら、窓を開けると。さっきまでの肌寒い風から、さわやかな高地の空気に変わった。新緑と、近い空が気持ちいい。
 アルプスグリーン道路途中の「道の駅今井 恵みの里」で小休憩。 


201805tabi_01
みるみる青空。やっぱ゛長野はこの風景だ。



201805tabi_01
施設の奥には、GWのなごりか、まだ鯉のぼり。



201805tabi_01
不意に出た、太陽がまぶしい。



201805tabi_01

201805tabi_01

201805tabi_01
 風に泳ぐ。おもわずパチリ。空もスカイブルーへ。








KIMG0352.jpg
 ベンチに腰掛け、風を感じながら。J5とタブレットでまったりツイート。


201805tabi_01

201805tabi_01
そして、晴れ上がった空が、地上の彩りを変えていく。


つづくww


【使用機材】




関連記事

スポンサードリンク

 

 Nikon1_J5