FC2ブログ

流浪

The truth of a day is not an eternal

SONY E18-55mm F3.5-5.6 OSSと「ロワジャパン」格安ワイコンはどんな感じ? 【夕・夜間編】

お久しぶりですが、前回購入したワイコンのインプレをちよっと書いてみようと思う。
ちなみに前回の記事は以下をご参照に




では、機材のおさらいを・・・どーーんとw

wicon02
SONY NEX-5(初代) + SONY E 18-55mm F3.5-5.6 OSS(SEL1855) +0.7x AF ワイドコンバージョンレンズ



 見た目「バズーカ」ではあるが、昼間の印象がよかったので今回の旅で夜間の撮影をしてみた。

スポンサードリンク

(画像クリックでflickrの大画像にリンク)

widetest_night01
18.0 mm ƒ/3.5 1/125 iso6400

 まずは、夕景から。場所は沼津市 沼津マリーナの裏の漁港だ。ちょうど夕焼けが赤く焼けてきれいだったので撮ってみた。
 広角側18mmで撮影してみたのだが、湾曲も思ったほどなく、流れも少なめ。「手持ち夜景モード」(複数枚を連射して一枚に合成するモード)で撮影したので露出は開放となってしまうが、それでもシャッタースピードは1/125を稼げてる。


widetest_night02
18.0 mm ƒ/3.5 1/20 iso6400

 次は場所を移して富士市「道の駅 富士川楽座」。県道上を渡る歩道橋の上から富士市内に向かって撮ってみた。こちらもISO6400なのでノイズが気になるが、まずまずである。一枚目の画像と違い完全な夜間なのでシャッタースピードが俄然落ちてしまうが、意外と車の流れも気にならないくらい合成されてる。ここら辺はワイコンとは関係ないのだが、NEX-5(初代)の少ないAFポイントでもかなりいい仕事している。


widetest_night03
18.0 mm ƒ/3.5 1/15 iso6400

 歩道橋上で180°反転して道の駅方面を撮ってみた。ちょうど観覧車のライトアップの時間帯でちよっと画になるシーン。これも18mm。建物2階から観覧車あたりにピントを持ってきている。 手前のLED灯からの明かりと観覧車の明かりの、ほぼ2光源なのだが、観覧車のライト、橋の色合いも問題なくフリンジも気持ち程度となった。そして、手すりのシルバーの色合いもまずまずである。
 ちなみに、街中の夜景はこういう手前と、奥をちょっと歪んで撮る画角が何気に面白かったりするので、高価な超広角レンズでなくとも、これくらい再現度があるのはありがたい。


widetest_night04
46.0 mm ƒ/5.0 1/8 iso6400

 せっかくなので、観覧車をアップで撮影。画角は46mm。35mm換算で約70mmとなる。ピントは観覧車に合わせてみた。どーしてもコントラストに強いほうに引っ張られてしまうので光源にあってしまうのだが、手持ち夜景で、これくらいピンが来ていれば上等だろう。
 ちなみに、撮影時は観覧車のライフアップがめまぐるしく変わるレインボーモードだったので手持ち夜景合成で七色のグラデーションが表現されて面白い画になった。


widetest_night05
19.0 mm ƒ/4.0 1/30 iso4000

 場所変わって、山梨県韮崎市 国道20号 釜無川沿いのパーキング。時間は22:00近くほぼ真っ暗の状態である。光源は右上の水銀灯とかろうじて自光式の標識のみ。やっぱり直光源だとゴーストが出てしまうがあくまでもワイコンなのでそこは仕方ない。
 そして、これほどの暗さになるとやはり手振れ合成といえども微ブレはする。かえってしっかり構えてSEL1855の手振れ補正機能に委ねてしまうのが良いかもしれない。ま、ここら辺は状況によってだが。


widetest_night06
19.0 mm ƒ/4.0 1/8 iso6400

 最後の画像。足元から釜無川。こちらは撮影時は本当に真っ暗。F4の割には撮れてると思う。
 

 今回、前回と昼間、夜間で撮ったみたインプレとしては、安い割には、夜間でもレンズ性能をスポイルすることもなく安い割にはかなり使えた。ただ、「寄り」についてはクローズアップレンズではないので取り付けるレンズの性能に比例するということをお忘れなく。

 以上、どちらかというとワイコンより「手持ち夜景モード」のインプレとなってしまった気もしないでもないが・・・。
やはり、フィルター枠に付けるワイコンって、機種専用品はともかく汎用品、とくに格安のものは、買ったはいいけど、ケラレてしまったり、ゴースト・フレアがすごかったり、極端に暗くなったり、歪んだりetc・・・はありがちなもの。その点、今回購入したワイコンは、薄型、大口径しかも一枚レンズってのがかなり要点だったと思う。
 価格の面では、格安ワイコンの中では高めの部類に入るが「径」さえ合えば使いまわしできるので、気軽にワイドを味わいたかったり、ちよっと変化を付けたい場合にはお勧めだ。

関連記事

スポンサードリンク


 レンズ